読者になる
★ゲームの今がわかる!★

ポーカーゲームのマークの強さ・強い順について

ゲームで遊んで家電やヤマダポイント貰えるかも!? 【ヤマダゲーム】 【PR】 ろくでなしブルース

ポーカーゲームはどのように勝敗を決めるのでしょうか?
ここではポーカーの役の強さがどのように決まっているのか、マークの強い順も含めご紹介します。

まずは役の強さ

まず、勝敗を決する上で最も優先されるのが役の強さです。
ポーカーゲームにはハイカードからロイヤルフラッシュまで10種類の役があります。

各役には優劣があり、この役の強い順で勝ち負けを決めます。
2ペアと1ペアなら、1ペアの人がどんなカードを持っていたとしても2ペアの勝ちとなります。

役が同じだった場合

2人以上が同じ役だった場合、役を構成しているカードの数字の強さによって勝敗を決めます。
数字の強い順は、A> K>Q>J>10…となり、2が最も弱いと決められています。

例えば2人以上がハートのフラッシュだった場合に、自分がハートのA、相手がハートのKを持っていたら自分の勝ちとなります。
2ペアの場合は、まず上のペアの数字で勝負し上のペアの数字が同じなら下のペアで勝負をします。
3カードの場合も同様に、上位の3カードを持っている方の勝ちとなります。

キッカー

2ペアや1ペアの場合によく起こるのが、役が全く同じという状態です。
2つのペアの数字が相手と自分で全く同じということです。

この場合、ペアになっていないカードの中で最も強い数字で勝負します。
このカードのことをキッカーと言います。
コミュニティカードで役が完成してしまっている場合にキッカー勝負となりやすいです。

全く同じだった場合はマーク

公式なルールでは、キッカーまで同じだった場合は引き分けになります。
この場合、スプリットポットと言ってチップは引き分けたプレイヤー間で山分けになります。

ただ、引き分けにせず必ず勝敗をつけたい場合には、マーク(スーツ)で勝負する場合もあります。
一般的にはスペード>ハート>ダイヤ>クローバーという順番で強くなっています。

例えば2ペアでキッカーまで同じだった場合は、上位のペアのマークでスペードを持っている人が勝ちとなります。
ただし、ローカルルールという部分は否めないためマークのルールを採用する場合は、
必ずマークの強い順を参加者全員で共有しておきましょう。

ポーカーゲームでは、キッカーまで同じということは滅多に起こらないため、マークの強さは補足的に覚える程度で問題ないでしょう。
「どっちが勝ちか分からない」ということにならないために、勝敗を決める順番は是非覚えておいてください。


ゲームで遊んで家電やヤマダポイント貰えるかも!? 【ヤマダゲーム】 【PR】 ろくでなしブルース

ゲームの今を配信中!
話題のゲーム情報をお届け!

コメントを残す