読者になる
★ゲームの今がわかる!★

ポーカーゲームのルール(カジノ)

ゲームで遊んで家電やヤマダポイント貰えるかも!? 【ヤマダゲーム】 【PR】 ろくでなしブルース

ポーカーゲームは、2012年、2015年と日本人世界チャンピオンが現れたことで日本でも人気が高まっています。
実際にカジノで行われているポーカーゲームはどういったルールなのでしょうか。

ポーカーゲームとは

まずポーカーゲームとは、5枚のトランプの組み合わせで役の強さを競いチップを奪い合うゲームです。
ルールによって細かく名称が分かれています。

例えば、カードの開き方の違いによってスタットゲーム、テキサスホールデム、オマハ、ドローポーカーなどに分かれております。
またチップの掛け方によってリミット、ポットリミット、ノーリミットなどにさらに細分化されます。
これらを組み合わせることで、実に数十種類以上のゲームが存在しています。

ここでは世界的にプレイされている、
カジノなどでも一般的な「ノーリミットテキサスホールデム」のルールをご紹介します。

テキサスホールデムのルール

ポーカーゲームの中でも特に人気の高いテキサスホールデムは、まず各プレイヤーに2枚のカードが配られます。
プレイヤーは2枚のカードを確認して、そのゲームに参加するかしないかを決定します。

参加する場合は、「コール」もしくは「レイズ」というアクションを取り、任意または所定の額のチップを場に出します。
賭け額に上限はないので、この時点で全てのチップを賭けることも可能です。

参加しない場合は「ドロップ(フォールド)」というアクションを取ります。
この場合チップを出す必要はありません。これを順番に全プレイヤーが行い、賭ける額が全員一致したら次の流れに進みます。

次は、「コミュニティーカード」とよばれるカードが表向きに出されます。
プレイヤーは自分に配られた手札2枚とコミュニティーカードを使って自分が作れる最強の役を作ります。

コミュニティーカードは、最初に3枚、次に1枚、最後にもう1枚という順番で計5枚提示されます。
新しいコミュニティーカードが開かれるたびにチップを賭けるか賭けないか、または勝負を降りるかを選択することになります。
勝負が最後まで成立した場合、最後に残ったプレイヤーの中で一番強い役を作った人が全員が賭けたチップを総取りできます。

トーナメントとリングゲーム

ポーカーゲームにはトーナメントとリングゲームの2つが存在します。
カジノでは両方とも行われています。

まずトーナメントは、参加費を支払って所定のチップをもってゲームに参加します。
チップが全てなくなったら脱落し、最後の1人になるまでゲームを続けます。
参加人数に応じて入賞順位と賞金が決められているので、参加者は少しでも長く生き残ることを目標にプレイします。

一方、リングゲームは、チップが全てなくなっても脱落にはならず、
本人の意思とお金がある限りゲームを続けることができます。

日本で一般的に知られているのはドローポーカーですが、世界的にみるとドローポーカーはマイナーな部類に入ります。
テキサスホールデムのルールを覚えておけば、世界中ほとんどのカジノに卓が用意されているので便利ですよ。


ゲームで遊んで家電やヤマダポイント貰えるかも!? 【ヤマダゲーム】 【PR】 ろくでなしブルース

ゲームの今を配信中!
話題のゲーム情報をお届け!

コメントを残す