読者になる
★ゲームの今がわかる!★

ポーカーやり方・遊び方・役について

ゲームで遊んで家電やヤマダポイント貰えるかも!? 【ヤマダゲーム】 【PR】 ろくでなしブルース

ポーカーは、運の要素が比較的弱い頭脳ゲームとして知られています。
ここではポーカーの役とやり方・遊び方や必要な道具などについてご紹介します。

ポーカーのやり方・遊び方

ポーカーは自分の役と相手の役を競って、チップを賭けるゲームです。
プレイヤーは手持ちのチップから任意で額を設定しベットできるとともに、途中でゲームを降りることもできます。

ただし、強い役の時だけプレイし弱い役の時は全て降りていると、他のプレイヤーがそのことに気付きゲームに参加してくれなくなることもあります。
バランス良くブラフなども織り交ぜていくことが大切です。

上手くいけば、自分より強い役を持った相手を降ろすことが出来るかもしれません。

ポーカーの役

ポーカーの役は10数種類ありますが、基本的に完成しにくい役ほど上位の役として扱われています。
強い役ほど完成させるための制約が厳しいというイメージです。

例えば3カードは5枚のうち3枚同じ数字のカードがあれば完成しますが、上位の役である4カードは4枚同じ数字のカードをそろえる必要があります。

それと同じく、フラッシュは5枚全てが同じマークなら完成しますが、ストレートフラッシュはさらにそれがストレートになっていなければなりません。

どんな役が出来るかは運の要素が強いですが、相手が持っている役を考えながらアクションを決めていくのがポ―カーの醍醐味と言えるでしょう。

必要な道具

ポーカーで必要になる道具は「トランプ」「チップ」「ディーラーボタン」「オールインボタン」の4つです。

・トランプ

1回に1セットのみ必要となります。
ポーカーゲームの種類によっても異なりますが、必要となる枚数が52枚を超えないように参加人数を調整しましょう。
例えばテキサスホールデムでは9人以下が一般的です。

・チップ

プレイヤーのゲームプランを大きく左右するのがチップです。
参加人数が多ければ多いほど多くのチップが必要となります。

・ディーラーボタン

プレイヤーのポジションを示すための道具です。
他のもので代用も可能ですが、その場合は目立ちやすいものがいいでしょう。

・オールインボタン

チップ全額を賭けることを「オールイン」と言い、このアクションをしたプレイヤーの目の前に置かれるのがオールインボタンです。

オールインをしたプレイヤーは降りることが出来ず必ずショーダウンとなるため、他のプレイヤーにとってブラフの意味合いが薄くなります。

そのため、オールインしたプレイヤーを明確にするのに必要となります。
こちらもディーラーボタン同様他のもので代用可能です。

ポーカーは相手との駆け引きが面白いゲームです。
ポーカーのやり方、遊び方を覚えてハイレベルな駆け引きを楽しんでください。


ゲームで遊んで家電やヤマダポイント貰えるかも!? 【ヤマダゲーム】 【PR】 ろくでなしブルース

ゲームの今を配信中!
話題のゲーム情報をお届け!

コメントを残す