読者になる
★ゲームの今がわかる!★

「ウイイレ2017」PS3版とPS4版の違いとは?(プレー人数・機能面の差など)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-11-47-26
ゲームで遊んで家電やヤマダポイント貰えるかも!? 【ヤマダゲーム】 【PR】 ろくでなしブルース

9月15日に発売されるコナミの「Winning Eleven 2017」(ウイニングイレブン2017)。新たにアーセナルやバルセロナ、ドルトムントとライセンス・パートナー契約を結び、香川真司やメッシ、ネイマール、スアレスなど、契約チームに所属する選手はかなりリアルに再現されている。また、「コントロールリアリティ」をテーマに、リアルタッチやパスバリエーションが進化している点もポイントだ。

さて、本作は新型が発表されたPS4とPS3でのリリースとなるが、それぞれのバージョンには機能面で違いがあるので紹介する。

機能に差がある点

・プレー人数           PS4版・1~4人/PS3版1~7人
・サウンドデータの取り込み    PS4版・非対応/PS3版対応
・リモートプレイ         PS4版・対応/PS3版非対応
・シェア機能(シェアプレイ)    PS4版・対応/PS3版非対応
・シェア機能(プレイ動画シェア) PS4版・対応/PS3版非対応
・試合前入場シーン        PS4版・あり/PS3版なし(一部あり)
・解像度             PS4版・1920×1080 /PS3版1280×720

同機能

・オンラインクロスプラットフォーム対戦  なし
・画像取り込み              PS4版はスタジアム写真も可能
・スタジアムエディット          可能
・フレームレート             60fps
・対応言語                日本語のみ
・実況                  日本語/英語

PS4が優れている点が多いがPS3もサウンドデータの取り込み可能という利点がある。好みに合わせて選びたい。
ウイニングイレブンシリーズは最新作が出るたびに、よりリアルな画質やスタジアムの雰囲気、ボールタッチを体感できるのもゲームの特徴の一つ。
より臨場感を味わいながら、快適にゲームをプレイしたい方には、PS4でプレイするのがおすすめです。

なお、価格はPS4版7600円/PS3版6600円(各税別)。

【関連記事】

『ウイイレ2017』発売日は9/15!DL版予約特典はSPエージェント2人等、早期プレイはUEFAベストイレブン1人プレゼント

ウイイレ2017 オンライン(myclub)の要素とは

ウイイレ2017で使えるチームまとめ

(画像は公式サイトより)
©2016 Konami Digital Entertainment

公式サイト


ゲームで遊んで家電やヤマダポイント貰えるかも!? 【ヤマダゲーム】 【PR】 ろくでなしブルース

ゲームの今を配信中!
話題のゲーム情報をお届け!

コメントを残す