読者になる
★ゲームの今がわかる!★

【白猫テニス】打ち方の種類と左右に打ち分ける方法(方向)ついて(スピン・ロブ・スライス・ドロップ・ボレー・スマッシュ・ジャストショット)

%e5%9b%b35
ゲームで遊んで家電やヤマダポイント貰えるかも!? 【ヤマダゲーム】 【PR】 ろくでなしブルース

『白猫テニス』はサーブから始まり、返球によるラリーを行うことでゲームが成立します。ゲーム開始の合図となる「サーブ」には4種類、ラリーのための返球方法が3種類あります。

この球種を状況よって打ち分けて行くことが勝利へのカギとなります。
この記事では「ボールの打ち方(返し方)についてご紹介していきます。

―ボールの打ち方(返し方)―

返球方法には、「スピン」「ロブ」「スライド」「ドロップ」の4種類があります。

・スピン

「スピン」は球速の早いストレートボールが特徴です。なので、左右に振って相手を走らせることでスタミナを削ることもできます。

左右への打ち分けは後述

・ロブ

「ロブ」はボールを高く上げて相手の裏(コートの後方)へボールを落とす返球方法です。ネット際では打ち返すことができないのでボールが落下する後方まで走らなければなりません。間に合わず打ち返せなければこちらの勝ちですし、打ち返せたとしてもスタミナの消費が仇となり、次のラリーに耐え切れません。ただし、ロブショットのバウンドボールは相手のスマッシュチャンスになるリスクがありますので注意が必要です。

スマッシュは後述

・スライス

「スライス」は低速度のカーブボールを打ちます。また、「スライス」にはスイングエリア(キャラクターの周りにある白い枠)が広がる特殊効果があります。
スタミナが少なくなった時やスマッシュを打たれそうな場合は「スライス」でスイングエリアを広くして迎え打ちましょう。

・ドロップ

「ドロップ」は、ボールを手前に落とす打ち方です。ロブと合わせるとかなりの脅威ですが、このドロップショットを使用できるのは「テクニック」タイプのキャラに限定されます。すべてのキャラクターが使用できるわけではありませんので注意が必要です。

―左右に打ち分ける方法はどうすればいいのか?―

選べるのは球種だけではありません。右か左か真っ直ぐかも打ち分けることができます。ただタップすれば真っ直ぐ飛びますが、タップの瞬間に素早く左か右へフリックすることでフリックした方向へボールが飛んでいきます。

%e5%9b%b32

―その他打ち方に関して―

・ボレー

「ボレー」はネット付近で相手の返球をバウンドする前に打ち返すことをいいます。コートの真ん中よりも前にいるときに「スピン」と「スライス」が「ボレー」に切り替わります。「ボレー」は鋭い返球を可能にしますので、貴重な得点源になります。

・スマッシュ

相手がダイレクトショット(ミスショット)での返球は、チャンスボールとしてこちらに返ってきます。「チャンス!」という黄色いサークルが出現するので、そのサークル上で打つとスマッシュを放つことがてまきます。

%e5%9b%b33

・スーパーショット

どのキャラにも必殺技として「スーパーショット」というものが存在します。スーパーショットはスーパーショットゲージを溜めて満タンになると発動することでき、得点につながりやすい強力な一撃を打つことがてきます。

・ジャストショット

様々な打ち方を紹介しましたが、その全ての打ち方に「ジャストショット」というものが存在します。スイングエリアの中央線でラケットにテニスボールをヒットさせると、ジャストショットになります。ジャストショットには、スーパーショットゲージのチャージ量UP、相手に与えるスタミナダメージUP、球速UPなどのメリットがあり、試合を有利に運ぶことができます。
逆にタイミングを外すとミスショットとなり、相手にスマッシュのチャンスを与えてしまいます。また、スーパーショットはゲージを消費したにも関わらず発動しないという悲しい事態に、、、!

%e5%9b%b34

まとめ

白猫テニスはぷにコンを採用したアクション性のあるゲームアプリをなっております。アイテムやキャラクターのレア度だけが強さの要素ではなく、己のテクニック次第で勝負を掴みとれるところがこのゲームの醍醐味かと思います。テクニックを駆使して格上の相手に下剋上を成し遂げましょう!

【関連記事】

【白猫テニス】コート変更時の対応方法

【白猫テニス】効率良く育成するステータスの優先順番とは

【白猫テニスの打ち方・返し方】ジャストショットのコツとは

画像引用:アプリ内画像


ゲームで遊んで家電やヤマダポイント貰えるかも!? 【ヤマダゲーム】 【PR】 ろくでなしブルース

ゲームの今を配信中!
話題のゲーム情報をお届け!

コメントを残す