読者になる
★ゲームの今がわかる!★

位置情報ゲーム『Ingress』の公式コミックが日本初登場!電撃G’sでW連載

スクリーンショット 2016-05-30 11.34.15
ゲームで遊んで家電やヤマダポイント貰えるかも!? 【ヤマダゲーム】 【PR】 ろくでなしブルース

Googleの社内プロジェクト「Niantic Labs」から始まり、全世界へ拡大した位置情報を使った陣取りゲーム『Ingress』。日本では、盛岡のポータル(陣取りの基点)を増やすイベント「ポータル探して盛岡街歩き」が2014年11月に開催され成功したのを始め、横須賀市、茨城県、東村山市などが『Ingress』を活用したイベントなどを実施しており、街おこしの便利ツールという側面も持っている。

2作品同時連載開始!

この『Ingress』に目をつけたのがKADOKAWAのアスキー・メディアワークスが発行する月刊コミック誌・電撃G’sコミック。『INGRESS:TOKYO ANOMALY』(木村太熊)、『イングレス的日常―クロエさんの場合―』(新井春巻)の2作品を同時に連載開始することを決定した。

木村太熊(きむらたくま)は中曽根ハイジのペンネームでも活動する漫画家。新井春巻(あらいはるまき)は週刊少年誌のアシスタントを経て、今回が初連載となる新人漫画家。

コミックには配信元のNianticの監修・協力が入り、エキゾチック・マターをめぐる壮大な物語が期待できる。連載開始日は6月30日発売の2016年8月号からとなる。

(画像は公式サイトより)
(C)KADOKAWA CORPORATION 2016

電撃G’sコミックニュース

木村太熊(きむらたくま)【Twitter】

新井春巻(あらいはるまき)【Twitter】


ゲームで遊んで家電やヤマダポイント貰えるかも!? 【ヤマダゲーム】 【PR】 ろくでなしブルース

ゲームの今を配信中!
話題のゲーム情報をお届け!

コメントを残す