読者になる
★ゲームの今がわかる!★

『サクラ大戦20周年』!! 記念グッズやコラボイベントも活発で『サクラ大戦6』への期待も高まる

スクリーンショット 2016-06-21 12.04.41
ゲームで遊んで家電やヤマダポイント貰えるかも!? 【ヤマダゲーム】 【PR】 ろくでなしブルース

1996年9月27日にセガからセガサターン用ソフトとして発売された『サクラ大戦』。原作は『魔神英雄伝ワタル』の広井王子、脚本は『爆れつハンター』『NG騎士ラムネ&40』のあかほりさとる、キャラクター原案は『ああっ女神さまっ』の藤島康介、音楽は『ふしぎの海のナディア』などの田中公平と、現在も活躍する当代きってのトップクリエイターが集結して作った、名作ゲームだ。

スクリーンショット 2016-06-21 11.58.59

最初はセガサターン、そしてドリームキャスト、さらにまさかのPlayStation2と、ハードの垣根を越えて多くの続編が作られた。またTVアニメや舞台など、メディアミックスの先駆けとして、ゲーム業界だけではなく、多くのファンに愛された。

大正ロマンをモチーフにスチームパンクや霊力などごったまぜ

スクリーンショット 2016-06-21 13.20.36

スクリーンショット 2016-06-21 12.22.16
物語の世界は、大正時代がベース。秘密部隊「帝国華撃団」に配属された海軍少尉大神一郎が主人公。「帝国華撃団」は、少女劇団「帝国歌劇団」を表の顔にしており、帝都を舞台にした悪の組織「黒之巣会」との戦いが始まる。世界は大正だが、主人公達が搭乗して戦う霊子甲冑「光武」は完全にオーバーテクノロジーの産物で、その組み合わせに当時ワクワクした大人も多かった。

恋愛ゲームとタクティカルSLGの融合

スクリーンショット 2016-06-21 12.23.07
ゲームのジャンルとしては公式で「ドラマチックアドベンチャー」とうたっている。内容としては、マップ内を移動して帝国歌劇団花組の隊員などと会話して進めるアドベンチャーパートと帝都の平和を乱す悪の組織「黒之巣会」と戦うバトルパートの2段構え。

スクリーンショット 2016-06-21 12.40.21

スクリーンショット 2016-06-21 12.34.50
アドベンチャーパートは、恋愛要素を含み、シャワーシーンの覗きイベントなどのお色気要素もある。また、ミニゲームで遊ぶことも可能だ。

スクリーンショット 2016-06-21 12.25.42
ヒロインはサクラ大戦の象徴的キャラとして登場する真宮寺さくらという認識が一般的だが、好感度を高めれば帝国歌劇団のほかの女性(神崎すみれ、マリア・タチバナ、アイリス、李紅蘭、桐島カンナ)をメインヒロインにすることもできる。

「はーしーれー こうそくのー」キャッチーで歌劇団の華やかさも感じる主題歌


サクラ大戦と言えばゲームの内容を知らなくても、TVCMでも流れた主題歌「檄!帝国華撃団」は知っているという人が多いかもしれない。歌は真宮寺さくら(CV横山智佐)&帝国歌劇団となっており、OVA『サクラ大戦 桜華絢爛』でも主題歌として使われ、バージョン違いも多くの関連作品で使われている。

20周年の2016年にもいろいろな動きが

スクリーンショット 2016-06-21 13.09.08

スクリーンショット 2016-06-21 13.10.00
20周年の今年は、キャンバスアートなどの記念グッズの販売やコトブキヤ「ARTFX J シリーズ」のフィギュアなど、オールドファンを喜ばせるグッズ販売が展開されている。

また、「グランブルーファンタジー」や「ファンタシースターオンライン2」などの人気ゲームとのコラボイベントも開催。ファンとしては、最新作『サクラ大戦6』のがあるのではと期待してしまうような活発な動きとなっている。20周年当日の9月27日までに何か大きな発表があるのか、楽しみに待ちたい。

(画像は公式サイトなどより)
©SEGA ©RED

サクラ大戦ドットコム


ゲームで遊んで家電やヤマダポイント貰えるかも!? 【ヤマダゲーム】 【PR】 ろくでなしブルース

ゲームの今を配信中!
話題のゲーム情報をお届け!

コメントを残す

関連記事
No articles