読者になる
★ゲームの今がわかる!★

あの九龍城が仮想現実で甦る! 「クーロンズゲートVR 朱雀」開発開始

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-13-13-43-22
ゲームで遊んで家電やヤマダポイント貰えるかも!? 【ヤマダゲーム】 【PR】 ろくでなしブルース

株式会社ジェットマンは、1997年にSMEから発売されたアドベンチャーゲーム「クーロンズ・ゲート九龍風水傳」の世界をPlayStationVRで体験できるバーチャルリアリティコンテンツ「クーロンズゲートVR 朱雀」について、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で資金調達を開始した。

没入型テーマパークとしてクーロンの世界を再現

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-13-13-44-32
本企画は、「クーロンズ・ゲート九龍風水傳」企画制作に携わったメンバーが多く在籍する株式会社ジェットマンによるもの。同作の世界を再現し、クーロンの街並みを自由に散策できる没入型テーマパークになるという。

再現されるのは龍城路とクーロンフロント

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-13-13-46-29
「クーロンズゲートVR 朱雀」で遊べるマップは、オリジナルクーロンズゲートより少しだけ前の時間の龍城路とクーロンフロント。時間によって変化する状況を楽しんだり、オリジナルでは入れなかった場所・部屋などに入って20年前のゲーム体験との違いを体験したり、ゲームに登場した懐かしのキャラクターに出会うこともできる。また、散策だけではなく、探索型イベントの実施や写真コレクション、ユーザー同士のコミュニケーションなども可能になるという。

目標額は300万円

今回の資金調達の目標額は300万円だが、目標金額に達しなくても集まった金額はファンディングされ、「クーロンズゲートVR 朱雀」の開発は続けられる。

本作のリリースは2017年5月発売を目指し、その後は、クーロンズゲートの全ダンジョンの再現を目指す拡張型制作スタイルをとるとしている。

(画像は公式動画より)
KowloonsGate ©1997 Sony Music Entertainment (Japan) Inc. 
KowloonsGateVR 2016 JETMAN Inc. All Rights Reserved.

CAMPFIRE


ゲームで遊んで家電やヤマダポイント貰えるかも!? 【ヤマダゲーム】 【PR】 ろくでなしブルース

ゲームの今を配信中!
話題のゲーム情報をお届け!

コメントを残す

関連記事
No articles