読者になる
★ゲームの今がわかる!★

“鬼”に侵略される明治が舞台! さらに進化した部位破壊アクションシステムも!

670803a5da725e4d831cce2a80a48ab7.jpg
ゲームで遊んで家電やヤマダポイント貰えるかも!? 【ヤマダゲーム】 【PR】 ろくでなしブルース

人気シリーズ最新作の公式サイトオープン

コーエーテクモゲームスは2016年2月5日(金)、2016年内にPS4、PS3、PS Vitaにて発売予定の「討鬼伝2」の公式サイトをオープンさせ、最新情報を公開した。

公式サイトオープンとともに明らかになった情報は、ゲームが”鬼”の体の一部を切り落とし破壊してゆく「部位破壊アクション」として、さらに進化したシステムになっている点と、キャラクターの紹介、そして今作でもオンラインマルチプレイが行われることなどを発表している。

くわえてストーリーおよび、その舞台がオープンワールドマップとして3Dマップが形成され、一続きの世界で表現していることの発表もあった。

“鬼”が侵略してくる世界

作品舞台は明治となっているが、連綿と続いてきた「表の歴史」が滅んでしまい、魑魅魍魎が闊歩する「裏の歴史」が始まろうとしている世界が舞台だ。

はるか北の大地に鬼が発生し、人里を襲いつつ南下してきたのだが、”鬼”を討つ戦士モノノフたちは横浜の市街で防衛を行っていた。

その最中一人のモノノフが、”鬼”が開いた鬼門に呑み込まれてしまう。それからやがて10年後、西の果てにある「マホロバの里」に記憶喪失のモノノフが流れ着くというストーリーである。

プレイヤー側のキャラクターだが、自分の操作キャラクターとなるモノノフ(男性・女性)、そしてカラクリを研究し、銃を使うモノノフでもある「博士」、プレイヤーキャラの兄貴分として登場するカラクリの「時継」、イギリス人である金髪碧眼のモノノフの少女「グウェン」が公開された。

敵キャラクターではオオマガドキの際、”鬼”たちの先頭にたち世界を蹂躙した大型の鬼「シンラゴウ」が公開されている。

くわえて『討鬼伝2』のティザームービーも公開された。

(画像はホームページより)

▼外部リンク

討鬼伝2 公式サイト
https://www.gamecity.ne.jp/toukiden/toukiden2/index.html


ゲームで遊んで家電やヤマダポイント貰えるかも!? 【ヤマダゲーム】 【PR】 ろくでなしブルース

ゲームの今を配信中!
話題のゲーム情報をお届け!

コメントを残す

関連記事